ピオーネ保護10日め

weimrescueclub

ピオーネ

生後3ヶ月で保護されたピオーネ。
足の状態が懸念されていましたが、とっても幸運なことに治ってきました!

> 保護時の様子はこちら「新メンバー君

ワイマラナーまったくもって、普通の足になってきましたよー。
まだ時々O脚になりますが、これからどんどん改善していくはず。


pione2肘のタコは、こんな感じ。左は言わないと分からないくらいになりました。右も時間をかければ治っていくだろう、という診断です。

要は曲がっていた足や肘のタコは、悪質な環境に置かれていたゆえのもので、普通の家庭犬としての生活環境であれば問題なく改善していく、ということのようです。

「肘に水が溜まって売り物にならない」という理由でパピーミルから放棄された子・・・早々に変な環境から脱出できたんだ、と思えば、ある意味ラッキーボーイなのかもしれません。


ということで犬自体には問題がなさそうなので、まずは里親希望登録いただいている方からご連絡させてもらいますね。

(11.9追記)
里親希望リストに条件に該当する方が少なかったため、早々に公募も開始しました。
興味のある方は家族募集中のページをご覧ください >> こちら

>> サポーター募集中!
ぜひ ↑ こちらのページから、できることを見つけてみてもらえませんか。
少しお力を貸していただけるだけで、救われるワイマラナーがいます。